無料レッスンが充実のサチンチョードリー「プロジェクト2020」

プロジェクト2020

サチン・チョードリー氏はインド出身の実業家であり、国際的に活躍するコンサルタントという顔も持っています。また母国インドで公用語として使われている英語を日本人に教えるための「プロジェクト2020」発起人としても知られており、英語の指導力でも高く評価されている人物です。これだけの肩書を持つサチン・チョードリーが教えるとなると、プロジェクト2020で英語を学ぶためには高額の費用が掛かると思う人もいるかもしれません。

エリー
エリー

しかし、プロジェクト2020では動画レッスンが無料で受けられるだけでなく、サチン・チョードリーならではのコーチング型レッスンで英語を簡単に身につけることもできます。充実した無料レッスンと確かな成果が最大の特徴とも言えるサチン・チョードリーのプロジェクト2020は、これから必要とされるグローバル人材育成のために不可欠な英語教育でもあり、今までに英語で挫折した人にこそおすすめできる英語学習方法でもあります。

サチンのプロジェクト2020を無料で視聴

サチン・チョードリー先生のプロジェクト2020は無料って本当?

プロジェクト2020について調べたことがある人なら、公式サイトでメールアドレスを登録するだけで無料のレッスン動画が視聴可能なことを知っているかもしれません。この動画では、まず日本人がなぜ英語で躓いてしまうのか、英語を習得するために何が欠けているのかという点についての説明があります。中学、高校、大学で英語を勉強しても話せない日本人は多く、社会人になってから英会話スクールに通っている人でも海外旅行すらままならないということは少なくありません。

エリー
エリー

サチン・チョードリーのプロジェクト2020が他の英語教材と違うところは、英語ができない理由をしっかり理解して、それを克服することから始めるという点です。

いきなり英単語や文法を覚えるのではなく英語に対する苦手意識をなくし、英語でコミュニケーションを取ることの楽しさにフォーカスすることで、英語を自分のものにしていくのがプロジェクト2020の進め方です。4回分、各回1時間ほどの動画は全て無料で視聴でき、全4回を終えることには英語を勉強することそのものへの考え方も変わっているかもしれませんし、英語は楽しいと思えるようになっている人もいるでしょう。

片言でも英語で話しかけてみよう、自分が言いたいことを伝えてみようと思えるかどうかは、英語が上達するか挫折するかの分かれ道でもあります。コーチングスキルの高いサチン先生のレッスンは、無料とは思えないほどのしっかりした内容で上達への近道を示してくれる英語教材とも言えるでしょう。

無料レッスンでも内容は盛りだくさん!

プロジェクト2020のレッスン内容は大変充実していますが、だからといって詰め込み式の学習方法ではありません。それどころか、他の英語教材に比べれば覚える単語、文法の数は少なく英語初心者でも始めやすいものです。単語や文法の多くは中学生で習う単語で、その単語を必要に応じて入れ替えていくというものなので、海外旅行程度なら30フレーズ、英語での日常会話なら60フレーズを覚えるだけで、ネイティブとのコミュニケーションが取れるようになります。

難しい文法や英単語を知っていたとしても、普段の会話に使うことはほとんどないのが現実で、効率よく英語を身につけるなら本当に必要な言葉、文法を重点的に覚えれば良いというのがサチン・チョードリー氏の考え方でもあります。

どんな言葉が重要なのかについても、無料のレッスン動画の中で説明されていますし、いつ、どこで使うべきフレーズなのかもわかりやすく解説されているので、実際のシーンを頭に思い浮かべながらフレーズを覚えることが可能です。

サチン・チョードリー先生への質問も無料でOK

サチン・チョードリー氏にとって英語は母国語と同じだからできて当たり前と思う人もいるかもしれませんが、無料動画を見ればわかるようにサチン氏は日本語も非常に堪能です。外国人が言葉を習得する上で必要なことについては、インド人であるサチン氏が日本語を身につけるうえで実際に体感、体験したものが生かされています。それもあって、サチン・チョードリー先生の言葉には説得力があるという学習者も多く、プロジェクト2020への信頼度に繋がっているのは間違いないでしょう。

また、英語についての質問がある時に英語で質問できないのであいまいなまま終わらせてしまうという人もいますが、サチン先生は日本語が堪能なので日本語で質問できます。

プロジェクト2020の学習者なら、いつでも好きな時にサチン・チョードリー先生に直接質問することが可能で、英語への理解度を高めるために役立っています。英語を習得するために長い時間がかかるのは当然ですが、コミュニケーションが取れるレベルの英単語、文法を身につけるためであれば、実はそれほどの時間を必要としません。英語に対する考え方そのものを変えるのがサチン先生のプロジェクト2020という学習方法、サチン式コーチング型学習の特徴で、これについての疑問や質問などもサチン先生自らが日本語で回答してくれます。

動画の視聴同様、コーチングの講師、コンサルタントとしても実績のあるサチン・チョードリー先生への質問や相談も無料です。なぜプロジェクト2020がこれほど話題になっているのか、なぜサチン先生のメソッドなら英会話が効率よく身につくのかが気になったら、まずは無料の動画視聴からスタートしてみてください。

サチンのプロジェクト2020を無料で視聴

英会話が上手くなりたいならサチン・チョードリーのプロジェクト2020を始めるべき理由

英会話ができるようになるまでには時間がかかる、スクールに通ったり、色々な教材を揃えたりするのにはお金がかかると思う人もいると思いますが、実はお金と時間だけでなく上達のためにはちょっとしたコツが必要です。そもそも、日本人が英語を苦手だと感じるのは「通じなかったらどうしよう」、「間違えたら恥ずかしい」というメンタルな部分でのロックがかかっているからで、それを克服しなければいくらお金や時間をかけても英会話ができるようにはなりません。

サチン・チョードリーのプロジェクト2020は英会話上達のために必要なメンタル面でのスキルを上げるコーチング型の教育で、シンプルなフレーズを覚えるだけで外国人と英語でコミュニケーションが取れるようになります。これまで何度も英会話で挫折してきた、自分に合う英語学習法がわからないという人にこそ必要な勉強方法でもあり、英会話が上手くなりたいのであればサチン先生のレッスンを試してみる価値があります。

プロジェクト2020で英会話が上達するのはなぜ?

学校の英語の授業では正しい文法で話す、習った単語や文法を駆使して難しい文章を書くといったことが求められますが、実践的な英会話でこうしたスキルが求められることはほとんどありません。プロジェクト2020の英会話は中学生で習うレベルの単語、英検4級程度の単語と言われる約1500語を覚えるだけで良く、それをシンプルなフレーズの中で入れ替えていけば自分の言いたいことが伝えられるようになります。

エリー
エリー

英語を話して通じた、相手の言っていることが分かったという成功体験は、英会話を身につけるうえで大事なステップであり、英語の勉強を楽しむためのコツとも言えます。

これはサチン・チョードリーの母国でもあるインドで広く取り入れられている種類の英語「グロービッシュ」というもので、非ネイティブであっても簡単に身につけられる英語でもあり、日常的な英会話であればグロービッシュでも十分だというのがサチン先生の考え方です。難しい単語や文法を知っていても英会話ができないのは、話す、聞くといった練習、経験が足りないからで、グロービッシュでたくさん話し、たくさん聞く機会を作るほうが英会話の上達は早いと言われています。

これはインド出身のサチン・チョードリー自身が国外に出て、ネイティブの話す英語を身につけることの難しさを実際に経験したからこそわかったことであり、サチン氏の華々しい経歴を見ればこの考え方が正しいこともわかるのではないでしょうか。

英会話への苦手意識を克服できるサチン・チョードリーのコーチング型教育

語彙数は豊富、専門書に出てくるような言葉も知っているし、難しい文法も理解できるという人も、英会話ではしどろもどろになることがあります。普段から英語を使い慣れていないので適切なシチュエーションで適切な英語が使えないのも理由の一つですが、英会話慣れしていないために苦手意識を持っているのも話せない理由の一つです。

サチン流コーチング型教育では、まず英語への苦手意識をなくすことにフォーカスし、英語学習の最初のハードルを乗り越えるためのサポートをしてくれます。サチン・チョードリーは大企業からも講師として招かれるほどコーチングスキルが高く、コンサルタントとしても活躍していますが、それが英語教育にも生かされています。

英語を無理やり詰め込むのではなく、受講者自身が英語で話したいという気持ちになれる、英会話の勉強が楽しいと思える状態に気持ち自体を変えていくというのがプロジェクト2020での英会話学習の進め方です。苦手意識がないので間違いを恐れずに発言できる、英語でコミュニケーションを取ることで英会話上達のカギとなる発話経験を積むことができるという良い流れを作るのがサチン・チョードリー氏の目標とする英会話学習方法です。

プロジェクト2020はオリンピック、パラリンピックが東京で開催される2020年までに「国際人」と呼べる日本人の数を100万人増やすというプロジェクトであり、そこにサチン・チョードリー氏のコーチングきょいうくを役立てていこうというプロジェクトでもあります。

シンプルフレーズだけで話せるサチン・チョードリー流英会話

プロジェクト2020では海外旅行に必要なフレーズ30個、日常生活に必要なフレーズ60個を覚え、それを単語の入れ替えで応用し英会話を身につけていきます。短期間で単語や文法を覚えるのが苦手という人でも覚えられるのは、これらのフレーズに使われる単語自体がごく簡単なものだからで、全ての英単語を新たに覚えるというものでもありません。

中学1年生の教科書の最初に出てくるような単語も含めての数なので、実際にはほとんどの人が知っている単語を使い回すと考えればよいでしょう。長い文章である必要もなく、言いたいことが伝わればOKというのがグロービッシュで、相手がネイティブでも非ネイティブでも十分に理解しあえることは確かです。

動画を見て英語を聞き、それを実際に発音してみるというのがプロジェクト2020の学習方法ですが、インプットとアウトプットを繰り返すことで自然に英語が口から出てくるようになります。動画ではどんな時に使うのかというのもわかるように説明されているので、シチュエーションと使う英語が結び付きやすく、記憶にもしっかりと残るはずです。

エリー
エリー

サチン氏のコーチングで英語への苦手意識を克服することに加えて、暗記するという負担を減らしシンプルなフレーズのみに絞ることで英会話上達のスピードをアップしたのがプロジェクト2020です。英会話が上手くなりたいと思うなら、シンプルフレーズで楽しく英語が話せるようになるサチン・チョードリー流英会話レッスン「プロジェクト2020」を試してみてください。

サチンのプロジェクト2020を無料で視聴

TOEICにもサチン・チョードリーの英会話レッスンは役立つ?

英語ができることが特別なことではなく、TOEICのスコアを採用基準として設ける企業も増えています。仕事で使うために必要なTOEICのスコアは最低600点と言われていますが、これはあくまでも最低ラインで実際の現場では800点以上なければ交渉などが難しくなるでしょう。600点前後では英語でコミュニケーションが取れるといえるレベルではなく、外国人と仕事の話をすることに自信を無くす人も少なくありません。

そこでおすすめしたいのが、必要最低限の英語で外国人とコミュニケーションすることを目的としたサチン・チョードリーのプロジェクト2020です。プロジェクト2020は相手の言うことを理解し、自分の言いたいことを伝えるための英語学習方法で、コーチング型教育という新しいスタイルの学習方法としても注目されています。

よくあるTOEIC対策とは全く異なるアプローチということで、どんな教材なのか気になっている人もいるかもしれません。ここではTOEICのスコアアップ、受験対策としてもサチン・チョードリーのプロジェクト2020は役立つのかについて解説したいと思います。

エリー
エリー

TOEIC対策としてプロジェクト2020と同等の人気がある英語商材は2つです。こちらは特にTOEIC向きだと思いますので一緒にチェックしてみて下さい。

サチン・チョードリーが提唱するプロジェクト2020で身につく英語レベルとは

プロジェクト2020は中学校で習うレベルの英単語を用いたシンプルなフレーズで、海外旅行や日常生活に必要な英会話を習得できるというのが特徴です。最短30日で英会話を習得できるとされていますが、これはフレーズ内の単語を入れ替えて応用することで、色々なシチュエーションでの会話が成立するため、必要最低限の単語とフレーズのみを覚えればよいからです。

シンプルフレーズ30個で海外旅行に一人で行っても困らないレベル、60個で外国人との日常会話ができるレベルに到達できるので、急いで英会話を身につけたい人にとってサチン・チョードリーのプロジェクト2020が役立つことは間違いなさそうです。ただし、基本的には中学生レベルの英単語を使用するため、プロジェクト2020で覚えられる単語や文法をTOEICのスコアに当てはめてみると200点~300点といったところかもしれません。

基礎的な英語力が高校生レベルであれば、もう少し高得点を取れる人もいるでしょうが仕事でつかえる最低ラインの600点に届く人は少なそうです。そういう意味で言えば、サチン・チョードリーのプロジェクト2020で勉強するだけでは、TOEICのスコアアップは難しいのが事実で、TOEIC対策として受講することはおすすめできません。

話せるようになってからのTOEIC学習が効率的な理由

TOEIC対策にならないのであればプロジェクト2020は無駄なのか、サチン・チョードリーのメソッドは不要なのかというと必ずしもそうとは言い切れません。なぜならTOEICは実践的な英語力を測るものでもあるため、英語を聞く力や話す力が重要です。

日本で英語を勉強しようと思っても英語を聞く機会、話す機会は圧倒的に少なく、そのせいで日本人が英語を話すことに苦手意識を持つとも言われています。難しい文法は知っているのに英会話となると全くダメという人が多いのはサチン・チョードリー先生が指摘する問題でもあり、まずは英語を聞けるようになること、自分から話せるようになることが重要です。プロジェクト2020は、まさにこの問題を解決するための英語学習方法で、英語に対する苦手意識を克服することが課題となっています。

コーチングスキルの高いサチン先生の指導を受けることで、英語を話すことが楽しいと思えれば自分からアウトプットする機会を増やすこともできます。積極的に外国人とコミュニケーションを取れるようになれば英会話のスキルが上がるだけでなく、英語を勉強するためのモチベーションも上げることが可能です。サチン・チョードリーのプロジェクト2020は、英語に対する考え方をガラリと変えるために必要な英語教材とも言えるもので、TOEICのスコアアップのための勉強にも役立つでしょう。

TOEIC対策+プロジェクト2020で本当の英語人に

英語に関する深い知識を得るためにはTOEIC対策としての勉強も必要ですし、外国人とコミュニケーションが取れる英会話力をつけるためにはプロジェクト2020のような学習方法が有効な手段です。非ネイティブである日本人がネイティブのように英語を話せないのは当然ですが、ネイティブだからといってTOEICで満点が取れるわけではありません。

エリー
エリー

TOEICで満点を取るにはTOEIC対策としての勉強が必要で、英会話を習得するための学習とは全く別物と考えたほうが良いでしょう。プロジェクト2020は英語への苦手意識を克服し、英語を楽しいと思うために必要なステップ、それに加えてTOEICのスコアアップに必要な対策を取れば、文法だけを詰め込んだ使えない英語力ではなく、実践的で役立つ英語力を身につけることができるはずです。

本当の意味で英語が使える人になるためにプロジェクト2020の学習方法が有効なことは確かで、、英語をコミュニケーションツールとして使いたい人、仕事に生かせる英語を身につけたい人のどちらにもおすすめです。

サチンのプロジェクト2020を無料で視聴

エリー
エリー

プロジェクト2020では、アプリを使って英語を学習します。スマホで簡単に使うことができるアプリなのですが、お金がかかるのか心配だという人も多いようです。そこで今回は、プロジェクト2020のレッスンで使うスマホのアプリについて、詳しくご説明したいと思います。これからプロジェクト2020を始めてみたい人は、参考にしてみてください。

プロジェクト2020のアプリはLINEでOK

実は、プロジェクト2020で使うアプリというのは、多くの人が利用している「LINE」なのです。サチン・チョードリー先生は、英語を話すことができる日本人を100万人増やそうという目標を立て、新しい形の英語教材を提供しています。そのレッスンを受けるために、LINEに登録をします。

LINEで何をすればいいのか?

LINEは多くの人がすでに使っているアプリですし、無料で使うことができますので、課金をする必要などはありません。すぐにサチン・チョードリー先生の指導を受けることができます。

まず、LINEで「プロジェクト2020」を友達登録してください。するとサチン先生からコメントが送られてきますので、これにてLINEでの作業は完了です。

LINEでどんなレッスンを受けられるのか?

アプリを使って英語を勉強するというのは、なかなか面白い試みですが、LINEでどうやってレッスンを受けるのか、そこが1番気になる所です。

最初の配信では、プロジェクト2020の1回目の動画が送られてきます。この動画は無料であり、50分前後の長さがあります。その内容は英語に関するものですが、サチン先生が日本語を使ってレッスンについて丁寧に説明をしてくれています。

さらに、動画は全部で4つ送られてきますので、その4つを見ることにより英会話をマスターできるようになります。LINEアプリを使って、簡単に誰でもできる英語学習を目指しています。

困ったときにもアプリでサポート

動画を見ていて疑問を抱くことや、何か分からない部分があれば、すぐにLINEアプリを使って質問ができます。サチン先生から直々に指導をしてもらえることもありますし、プロジェクト2020に在籍する、専属の講師のアドバイスを受けることもできます。

本当ならば、サチン先生は「有料」で個別指導を行っているのですが、プロジェクト2020では無料レッスンとして講座を受けることができます。しかもLINEという、普段から使っているアプリを利用しますので、とても簡単に英語学習に取り組むことができます。

スマホなら、どこにでも持ち歩けますので、好きな時間に好きなタイミングでサチン先生の動画を視聴することができます。これが、プロジェクト2020の大きな魅力です。

サチンのプロジェクト2020を無料で視聴

プロジェクト2020のアプリを使った人の体験談

それでは実際に、プロジェクト2020でLINEを使いレッスンを受けた人の体験談を少しですが、ご紹介します。たった1つの普段から使っているアプリであるLINEで、こんなにも英会話をマスターできるというのは、とても画期的な英会話学習法です。

最初はちょっと疑っていたのですが、無料だと聞いてとりあえずやってみることにしました。まずLINEで友達登録をするということだったのですが、たったこれだけでレッスン動画が送られてきて、それを見て英会話を勉強できたので、本当に驚いています。こんなに簡単に誰もが学べる方法があるなら、もっと多くの人に知ってもらいたいと思っちゃいました。

 

海外旅行にいくことがあるので、英会話が話せるようになりたいと思い、プロジェクト2020をはじめてみました。アプリが必要だと聞いていたのですが、実際にはLINEだったので、すでに使っているし、とてもラクにはじめることができました。動画もスラスラ見ることができますし、つまらないと思うことがないので、苦痛を感じることなく英語を勉強できました。

 

今後のために英会話を学びたいと思い、無料という言葉に惹かれてプロジェクト2020を試してみました。最初は面倒なアプリをダウンロードするのかな?と思ったのですが、LINEだけでいいということで、すごく簡単にスタートを切ることができました。動画も見ごたえがあり、日常的な英会話を話せるまでになりました。画期的すぎる英語の勉強方法だと思います。

プロジェクト2020を始めるならLINEで友達登録!

プロジェクト2020は、動画を見て英会話を学ぶ方法ですが、LINEアプリを使って動画を送ってもらいます。まずは、プロジェクト2020をLINEで友達登録してください。そうすれば、プロジェクト2020の英語レッスンを受けることができます。

アプリをダウンロードする、アプリを使うという噂を聞くと、課金しなければいけないとか、お金がかかりそうと思っている人も多かったでしょう。しかし実際には、いつも使っているLINEで友達登録をするだけです。

エリー
エリー

すべて無料で完結することなので、リスクを負うことなく英会話学習をスタートさせることが可能です。サチン先生からの指導を受けたい、日常的な英会話を学びたい、自宅で好きな時間に勉強したい、そんな人にはプロジェクト2020の勉強方法がおすすめです。この機会に、プロジェクト2020を試してみてはいかがでしょうか。

サチンのプロジェクト2020を無料で視聴

プロジェクト2020でサチンの英語を徹底学習2019